北九州市小倉北区室町2-3-10紫川常盤橋そば
TEL:093(591)5298
フリーダイヤル:0120-591529
メールでのお問い合わせ
(※必ず件名のご記入をお願いします)
営業時間:AM10:00~PM6:00
営業時間変更のお知らせ
店休日:火曜日、祝日(詳細はカレンダーで)
| 店舗情報 | アクセス |

千年以上の歴史があるとも言われ、江戸時代に武士の裃に染められていたことで、緻密で極細なものへと発展した伊勢型。
最高の和紙とされる美濃和紙を使い、熟練された職人の技で作られる型紙は、19~20世紀にヨーロッパを中心に開花したアールヌーボーにも多大な影響を与えたと言われています。
昭和30年には日本で初めて人間国宝(重要無形文化財技術保持者)30名が認定された時に6人もの伊勢型紙の技術者が認定され、平成5年には伊勢型紙技術保存会が重要無形文化財「伊勢型紙」の保持団体に認定されました。
伊勢型紙は日本が世界に誇れる素晴らしい芸術です。

江戸時代 裃「行儀」

伊勢型で絵付けしたお皿

うめねで約50年使用している染型見本

型彫

彫り始めから、終りまで同じ大きさの孔を彫り続けます。極紋の場合、一寸四方に900もの孔を彫り、型彫に一か月以上かかることもあります。

染め色の検討

伊勢型紙技術保存会の方が使用されている道具

染打ち合わせ

京の名工 浅岡信之氏による糊型置き

きもの一反あたり90~120回、型のつなぎを合わせ、同じ力で型置きを繰り返します。見た目に分からないほどの小さなずれも、一反染め上げると大きなずれとなるため、熟練の技術が必要です。

※浅岡氏の大野国染工場の型染訪問着が「第85回誂友禅染協議会作品展」において、トップ賞の経済産業大臣賞に選ばれました。鮫小紋など多彩な型紙を駆使して制作した絵羽小紋です。

■最高の伊勢型小紋(江戸小紋)は熟練された職人の精緻な型紙と最高の染師によって完成されます■

新小石丸を使用した小紋

新小石丸の証紙

新小石丸とは

皇室御用達の絹『小石丸』の血を引く、日本屈指のプレミアムシルクです。

小石丸は皇居の森深くにたたずむ紅葉山御養蚕所で代々の皇后陛下が飼育しておられる蚕です。
その生糸で織られた織物は宮中婚礼の儀の装束や正倉院所蔵の絹織物の復元に使用されるなど、まさにジャパンプレミアム。

しかし、小石丸は飼育に手間がかかり、繭一粒からとれる糸の量も非常に少ないため、日本の農家でその姿を見ることはほとんどなくなってしまいました。

『新小石丸』はその小石丸を現代の養蚕技術に合わせて改良し、欠点を克服した、まさに現代に甦った幻の絹です。
本来は高級な和装小物や呉服に使用されることがほとんどで、希少価値が非常に高く、品質も日本最高峰。
通常の絹糸が3デニールなのに対し、新小石丸は2デニール(※髪の毛の約20分の1の細さ)。

その絹糸が生産されるのは、群馬県榛名山の麓、碓氷。
碓氷は、古くから絹の生産地として歴史書に名をとどめる、1200年以上の歴史と伝統を持つ絹の名産地です。

極細の糸が織りなす繊細で美しい光沢。
触れたときの柔らかな肌触り。
すぐにシワを押し戻すコシ、ハリが特徴です。

現代日本で出来る最上級の伊勢型小紋をうめねオリジナルで!

呉服店発信のこだわりの物づくり。


京の名工、浅岡信之氏秘蔵の「幻の人間国宝作型紙」を用いて、名工浅岡氏が染めたうめね謹製の伊勢型小紋。
染色と型の決定をうめね。染めを京の名工 浅岡信之氏。そして染める生地は純国産ブランドシルク100%「世紀21」を使用しました。世紀21は「日本の絹」純国産証紙付です。


人間国宝の皆様の型紙は、緻密かつ美麗なため、染め手を選びます。
人の手による型紙と染め。その味わいと精密さのハーモニーを、ぜひ店頭にてお確かめください。


※ご成約済みの商品もございます。あらかじめご了承くださいませ。


児玉博作「極微塵竹」

うめね謹製伊勢型小紋、一例です。万が一、品切れの際はご了承くださいませ。

フォーマル着物 >

カジュアル着物 >


小紋
もめん

ゆかた
名古屋帯
半巾帯

祝い着・和装小物・和小物 >

七五三 >

うめねオリジナル >

きものを着るために >

お手入れ・お直し >

和・きものを楽しむ >

振袖・オフシーズンレンタル >

きものを読む・知る >

うめねの催事へようこそ! >

催事のご案内
過去の催事

男のきもの >

男のきものの事
商品ご案内