北九州市小倉北区室町2-3-10紫川常盤橋そば
TEL:093(591)5298
フリーダイヤル:0120-591529
メールでのお問い合わせ
(※必ず件名のご記入をお願いします)
営業時間:AM10:00~PM6:00
夏季はPM7:00まで
店休日:火曜日、祝日(詳細はカレンダーで)
| 店舗情報 | アクセス |

HOME > きものを読む > 産地別 > 小千谷縮

[小千谷縮](おぢやちぢみ)

江戸時代初期に誕生したシボが特長の麻縮


新潟県小千谷を中心に織られている麻縮。すでに織られていた越後麻布の緯糸に強撚糸を用いて織るという技法を加え、シボ(細かい波状の皺)のある風合いを出そうと織り出したのが始まりだといわれている。


手績みの糸を手括りして染めた絣糸を、居坐機で織ったあと湯もみ、足踏みでシボを取り、雪晒しを行うという伝統的な技法は、技術者たちによって今もなお伝えられている。.

参考出典:小千谷織物同業協同組合ホームページよりこちらから

【小千谷縮】の製作技術は、国の重要無形文化財指定

重要無形文化財の小千谷縮は、糸づくりから反物になるまで手間の多さから、ふた冬越しの製作になることも珍しくない。量産がむずかしいこの小千谷縮の技術者が年々少なくなり、昭和30年、製作技術を守るため文部省により国の重要無形文化財に指定された。(下記の5項目が指定され技術保存がはかられている。)                    


1. すべて苧麻を手うみした糸を使用すること。
2. 絣模様をつける場合は手くびりによること。
3. いざり機で織ること。
4. シボとりをする場合は湯もみ、足ぶみによること.

5. 哂しは雪哂しによること。

参考出典:小千谷織物同業協同組合ホームページより

【お店からのご案内】

うめね店舗にも多数入荷しております。
2015年の商品はこちらからご覧いただけます。

フォーマル着物 >

カジュアル着物 >


小紋
もめん

ゆかた
名古屋帯
半巾帯

祝い着・和装小物・和小物 >

七五三 >

うめねオリジナル >

きものを着るために >

お手入れ・お直し >

和・きものを楽しむ >

振袖・オフシーズンレンタル >

きものを読む・知る >

うめねの催事へようこそ! >

催事のご案内
過去の催事

男のきもの >

男のきものの事
商品ご案内